知っておきたい家族葬でのマナー

>

恥をかかないためにも知っておきたい、家族葬のマナーとは

まず一般葬とは

一般葬と呼ばれる通常の葬儀に参列したことのある方は想像がつくかと思いますが、参列者の範囲は広く、故人と「何かしらの」繋がりや関係があった方であれば基本的にどなたでも参列することが可能です。
例えば、親族以外に友人、近所の人、職場が同じだった人など様々です。
一般葬は葬儀場でよく行われ、お通夜と葬式が別日で執り行われます。
参列者はまず受付でお香典を渡す際、芳名録と呼ばれる出席簿のようなものにご自身の名前や住所を記帳します。
そして遺族の方や故人と最後のお別れを伝えたり、思い出を話したりします。
遺族にとっては、全く面識のない方の参列もあり、家庭では見たことのない故人の一面を学ぶ良い機会にもなります。
しかし、参列者が多ければ多いほど、遺族はそのおもてなしに追われ、故人との時間がゆっくりもてないというのがデメリットであり、近年家族葬が人気になってきている理由の一つではないかと思われます。

では家族葬とは、そして密葬との違いは

家族葬では一般葬と異なり、故人との生前の繋がりや関係がとても大事になります。
参列できるのは、親族、又は親しい友人のみとなり、会社関係や近所の人が参列することはできません。
こうすることで、一般葬のように慌ただしくおもてなしに追われるのではなく、故人とゆっくり最後のひと時を過ごす事ができますし、参列者も全く面識のない人ではないため、遺族も気をはることなく心の負担が軽くなるのではないでしょうか。

密葬とは、本来、このような葬儀のことをさしていたようですが、最近では、家族のみ、友人は参列できない葬儀のことをさし、通常葬儀の後にする火葬ですが、密葬の場合は火葬を先に行い、その後告別式やお別れ会などを行うものをさすそうです。