増えてきた家族葬知っておきたい葬儀のマナー

知っておきたい家族葬でのマナー

恥をかかないためにも知っておきたい、家族葬のマナーとは

家族葬とはどんな違いがあるのでしょうか。 なんとなくその呼び名から想像がつくかと思いますが、ここでは一般葬と密葬との違いについても見ていきたいと思います。 なぜ遺族が家族葬にするのかを知る事で、それに対するマナーも自然と分かってくるのではないでしょうか。

家族葬のマナーについて学ぼう

一般葬や密葬とはちょっと異なる家族葬。 では家族葬ならではのマナーは存在するのでしょうか。 参列できる方は限定されており、もし参列願いが届いたら一般葬と同様にするかどうかも知っておきたいですね。 地域や宗教、喪主の意志により異なりますので、確認も必要ですが、ある程度のマナーは一般葬と同じかと思います。

家族葬と一般葬、密葬の違い

最近までは、葬式イコール一般葬という考えがほぼ当たり前のようにありましたが、増えつつあるのが家族葬です。
では、普通の葬式と家族葬の違いには何があるのでしょうか。

いわゆる誰でもが参加できる葬儀が一般葬儀と呼ばれる、これまで通常とされてきていた葬儀のあり方です。
一方、家族葬は家族や親族など故人様と身近な方々だけに限定し、誰が参列できるかは喪主からの参列願いが届くかどうかによります。

一般葬のメリットとしては、故人と生前に縁のあったできるだけ多くの方と、一度にお別れができることがあります。
そういった面では家族葬のデメリットとなりますが、参列できなかった方が各自、自宅へ訪れ、その都度対応するという心の負担がかかることがあります。

また、一般葬では参列者から故人との思い出を聞くことができますし、悲しみのどん底にいる気持ちをそういった話を聞く事で紛らわすことができる、と思う方もいれば、逆に家族葬で故人と最後のお別れを家族だけでゆっくり過ごしたい、と思う遺族もいるのが事実です。

第一のマナーとしては家族葬を選んだと伝えられた場合、それを選択した遺族の気持ちを十分にくんであげることです。
故人と最後のお別れをしたい「他人」は、そっとしておいてあげることが一番のマナーといえると思います。
もちろん、参列願いが届いたなら、一般葬のように、喪服を着、香典を準備して参列しましょう。
香典を辞退する旨を伝えられていても、念のため、持参する方もいるようです。
また、地域やその宗教、喪主の葬儀に対する考え方などによってこれらは異なりますので、必ずしもこうといったルールはないにしろ、一般的に葬儀のマナーとされるものは守っておいた方が無難かと思われます。

家族葬のマナーをもっと詳しく見ていきましょう

実際にはそっとしておいてあげることが家族葬を選択した遺族の意向を尊重することになりますが、そうはいかない、どうしても何かしらのアクションを起こしたい、気持ちを伝えたいという方、十分に気を付けながら、こちらでご紹介するいくつかを参考にしてみてください。